上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏コミ行きてぇぇぇぇぇ・・・・
けど行けないので夏っぽい絵を描いてみたなり。
看板娘のアリスちゃんです。

rgb
さて、前からちょっと気になっていたRGBカラーからCYMKカラーへモード変換した時のギャップについて。
ニコニコ静画の方でも少し触れたのでこちらでも僕なりに頑張ったよ!というところを残しておこうかなと思いました。

悩みというのか研究というのかわからんけども・・・
上記の絵を見る限りではCYMKへの考慮、丸無視な感じ否めないですよね。。。
や、途中途中でCYMKに変換してなんとかギャップを抑えながら上手くやっていたのだけど、どうにもこうにも最後の仕上げでこーなっちゃうんですよね・・・(´・ω・`)
発光レイヤーを使わずにはいられない癖が犯人かもしれません。
でもこれをやめると僕らしさのある絵ではなくなってしまうような気もして・・・難しいのう・・・


なんでそんなにCMYK気にしてんの?という方のために。

ざっくり言うとRGBとはモニタを通してみる色味の事。
対してCMYKは印刷を通してみる色味の事。
と解釈しています。僕は。違うかもしれないので調べてね☆(ググレk・・
正確には三原色がうんぬんインクの種類がうんぬん・・・とか出てくるんだと思いますが、僕が言いたいのはRGBモードで描いてて、いざ印刷してみたら色がくすんじゃったYO!ショボンヌ(´・ω・`)という事なんですね。

僕はSAIでほとんどの絵を描くのですが、SAIというツールはRGBカラーモードしか搭載されていません。僕が知る限りでは。
PhotoshopにはCMYKへのモード変換もビューワー?(ctrl+Yだったかな)もついてるので、ギャップを全く出したくないならはじめっからフォトショのCMYKモードで描きなはれという話なんですけど。
CYMKの残念なところは彩度が低く見えるところでして、僕の絵とは相性が良くないようなのです。(発光レイヤーがんがん使ってるからな! ← )

じゃあ貴様どうしたいねん?

という話になってくると思うのですが、僕もどうしたいか詳しい事はわからんのです(爆
ただ、人様が僕の絵を気に入ってご依頼してくださる際に「WEBにも印刷にも使いたいのだけど」と言われた場合、印刷したらなんかショボくなったー。と思われる事は極力避けたい。。。そう思うのです。。。
できるだけ印刷とのギャップは抑えつつ、僕らしさも残しながらカラーリングできないものかなぁというところなんです。
(そもそも僕のような底辺絵師が個性を出せるほど安定した画力なのかよ!と言われると・・・グヌフ)


実際に上記の絵(RGB)をCMYKに変換するとこんな感じ。
cmyk1

だいぶくすみましたの・・・。
人様にも指摘されましたが、瞳が1番くすむのが残念ですね(´・ω・`)

ここへ彩度を高めたものを上乗せして不透明度で調整したものがこちら。
cmyk2


並べて比較してみましょう。
調整のコピー


ゲシュタルってきたぜ・・・\(^o^)/

1番ギャップが出てほしくない人物(特に瞳)の色味はだいぶギャップを抑えられている気がする・・・。ような・・・。
もう後は好みの問題な気が・・・(ぇ

今のところはこうやって後から調整をかけてなんとなく近づける事はしています。
結構面倒くさい作業だったりするので塗り方でギャップを抑えられたら素敵なんじゃないかなぁと思って色味の選択だったり塗り方だったりを色々試したりしています。
誰てめ絵にならないように気をつけたい・・・けど既に最初の頃と絵が変わってきているような・・・。

それはっ・・・進化ですよ、きっと!(^q^)


まぁ今回はちょっと発光ぼかしを少なめにはしています。(これでもCMYKを考慮して
髪の毛とかハッキリして見えるかもしれないし、見えないかもしれない。


後は他の方が自分の絵を塗るとどんな感じになるのか興味があったのでニコニコへ線画をうpりましたー。

線画はこちら


これは僕が今ダラダラ言ってきたCMYKとか考えずに、好きに楽しく塗っていただけたら幸いです。
(CMYK考慮して塗ったよっていうのももちろん興味深いんですけどね!)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。